真面目な夫婦ほど熟年離婚になる?

夫は典型的な会社人間で努力家で真面目
会社の仕事も夜遅くまで頑張り定年までは仕事一途な夫でした。
そのおかげでそこそこのポジションまで昇進しての定年退職です。
それを妻は文句も言わずに支えてきました。
まわりから見れば夫婦二人とも社会的に何ら非難されることなどありません。
でも、そんな夫婦ほど熟年離婚所機器もあるのです。

仕事熱心の夫は、いつも朝が早かったり帰宅も夜遅くなることもよくありました。
朝が早い時にはいつも妻には寝ているように言っていました。
夜遅く帰る時には妻を起こさないようにそっとベッドに入る優しさでした。
が、しかし・・・・

それが妻には幸せではなかったのです。
夫の思いやりは痛いほどわかりながらも、その結婚生活にはずっと満足感が得られなかったのです。
お互いがお互いを思いやる優しさがなぜか息苦しかったというのです。
真面目な夫は浮気をするなんてありえないほど真面目でしたし
妻も常に家を守り、外出もあまりしないくらいでした。
夫も妻もいわゆる非の打ちどころのない理想的な夫であり理想的な妻のようにまわりからは見えていました。

ただ・・・
問題は「自分の気持ちを表現できない、伝えられない」夫婦であったことが問題だったのです。
自分の感情を相手にぶつけられない・・・
これっていつか爆発してしまう危険性があるのです。
ある意味、夫婦喧嘩のない仮面夫婦であったともいえます。

そんな夫婦であればセックスのことなんか話し合ったこともないでしょう。
夫が週刊誌でグラビアアイドルの古ヌード写真を見ていて妻が通りかかったら
夫:「おい、見てみろよ!この娘、いいオッパイしてるだろ!」
妻:「またそんなくだらないものばっかりみて!」
そんな会話があるようなら熟年離婚などありあm線。

音が妻を
妻が夫を
思いやる優しさだけでは真の夫婦は成立しません。

相手を気に入られようとするのではなく、相手に自分の気持ちをストレートにぶつけられる
健全な夫婦喧嘩ができるのが夫婦として健全なのです。
離婚準備 ブログ

春日大社や利き酒体験に行ってきた!~コロナ禍の奈良の風景

コロナ禍の奈良の風景は?!

2021年1月31日の土曜日に群馬から友だちが遊びに来ました。私たちはとあるブログのコメンテータ同士で、すっかり意気投合してしまったんですよね。私は大阪、彼女は群馬。同性なので遠距離恋愛ではないですが、「遠距離友情」ということでしょうか…。

去年の3月にも東京で会う約束をしていたのですが、そのときは、彼女の家族が猛反対して結局会えず。

今回はさすがに彼女の家族も「自粛慣れ」してきたようで、すんなりとOKしてくれたようです。

JR奈良駅で待ち合わせをして、いざ、奈良の街へ!

まず、外国人観光客の姿はまったく見かけませんでした。日本人観光客はといえば…、普段の奈良より少し少なめではありますが、「ほとんどいない」というほどではありません。夜の心斎橋(もちろん現在)よりは多そうです。

とはいえ、大阪人の私から見れば、観光地、奈良の夜は早い!夜7時頃にはぐっと人口密度が少なくなるんですよ。普段でもそうです。

お寺がメインの観光地なので、当たり前と言えば当たり前なのですが。同じ観光地でも京都の方はお酒を飲むお店も多く、奈良よりは遅くまで賑わっていますね。

静寂の春日大社

奈良の中心地で人気の観光地といえば、奈良公園と春日大社ですね。両スポットは隣接していますので、戯れる鹿を見ながら、春日大社の参道を散策することができます。

実は、「今西清兵衛商店」というところで、利き酒を体験していたので、すでに時計の針は4時前。参拝帰りの観光客とはすれ違うものの、これから参拝する観光客はポツポツ程度です。

その分、ゆっくりと夕方の綺麗な空気を楽しむことができました。

奈良で超お得な利き酒体験

奈良の地酒、春鹿の利き酒が500円で体験できるのは「今西清兵衛商店(いまにしせえべえしょうてん)」。おちょこに5杯+おまけ1杯(時期により種類が変わります)がなんと500円。隣接の店舗で販売されている奈良漬けも食べられます。

さらにガラス製のおちょこをお土産にもらえるんですよ。使用した色でなくても、ピンクや藤色、淡いブルーなど好きなものを選べます。これだけでも500円の価値はありそう。

奈良に行く際は、ぜひ足を運んでみてください。もちろん、お酒の好きな人限定でね!

オススメサイト↓

健康大麻油 効能