処分したくても簡単にできないのがお墓である

仮にあなたに先祖代々のお墓があることは必ずしもラッキーなことではない場合もあります。
今後、お墓を守っていく後継者がいない場合に先祖代々のお墓はお荷物以外に何者でもないのです。
一人子の長男
娘だけ
そんな家庭はたくさんあるのです。
ですから、お墓を処分する
いわゆる墓じまいのことも考えなくてはいけません。

子供が娘ばかりの場合はご主人や実家の理解があって
「あなたのお父さんお母さんのお墓はきちんと守っていこう」
と言ってはくれても娘が数十年後に亡くなったらどうしますか?

いずれにしてもお墓をたたむということはいつかその決断をしなければならない時がやってくるのです。
ならば、その問題は自分の代できちんとケリをつけておく覚悟を持ってみませんか?

お墓を処分し、中の先祖の遺骨を永代供養墓に移しておきましょう。
今はさまざまな永代供養のやり方があります。
あなたの住まいのほど近くに永代供養の納骨堂もあると思います。
少なくともそれならあなたなが元気なうちは今まで通りお墓参りたご供養もできます。

あるいはお墓の引っ越しの場合もあります。
ただ、これも勝手にはできません。
お墓の引っ越しは「改葬」と呼ばれ、まずは管轄の市町村から改葬許可を取り、さらにお墓の管理者から埋葬証明書をもらわないと家kません。
その費用や手間も小さくはありません。

この「墓じまい」に関してはたくさんのトラブルも続出していあmす。
お墓の管理者が遺骨の移動を反対するケースです。
これは離檀料の問題としてよくニュースにも取り上げられています。
お寺にしても遺骨が無くなって檀家がどんどん減少していってはお寺自体の存続の危機に瀕してしまいます。
そこでお墓を移動させないために法外な離檀料を要求するというトラブルです。
裁判になった事例もあるのですが、裁判所としても宗教的な意味合いが絡むためにその判断は慎重になり「裁判所では判断しかねる」というスタンスなのも現実です。

お墓のことはとても重要な問題ですが、その問題解決もまた大変なんです。
いいお墓 口コミ 評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です