商品を買い漁る生活!自分のケアに凝ってきた。

最近はいろんな商品を買う生活にハマっています。

少し前まではそんなに買い物をするタイプではなかったんですが、急に買い物に目覚めました。

そんな中で、最近ハマっているのが美容品です。

化粧すら最低限で過ごしていた

美容品にハマり始めたのはここ数ヶ月のことです。

それまでは美容品に疎くて、ノーメイクでパート先に行くこともありました。めんどくさがりなんですよね。

そんなこんなで、全く美容には興味がありませんでしたが、最近やっと美容品に興味を持ち始めて、一気にハマっていきました。

あまりハマることがない私ですが、ハマり始めた時はびっくり。一気に美容品が好きになってしまったんです。

いろんな美容品に手を出してみた

実際にいろんな美容品に手を出してみました。

最初に手を出したのは美顔器。かなり大きな買い物になりましたが、手を出してしまったんです。

実際にはその前に、小さな美容品を買ってはいたんですが、大きな買い物はこれが初めてでした。

かなり奮発したので、記憶にまざまざと残っています。

「だいぶお金を使ったなぁ・・・」と思いましたが、美顔器は初めてだったので、かなりテンションが上がったのを覚えています。

 

北の快適工房の商品にハマり始めた

いろんなサイトを見て回って、どんな商品があるのか探していたんですが、その中に北の快適工房というのがありました。

最初はあまりわかってなかったんですが、どうも美容品が多くあるらしく、美容にハマり始めた私はかなり興味を持ったんです。

実際にサイトを見てみると、いろんな商品がありました。

SNSの口コミなどを見てみると、評判が結構よさそうだったので、勇気を出して、ポチッと注文。

その後は北の快適工房の商品をどんどんん使うようになりました。

個人差はあると思いますが、私としては効果をかなり実感しています。本当に買ってよかったです。

美容品にハマって、心が変わった

外も少しずつ変わってきてるんでしょうが、前と比べて中身が変わってきました。

  • 以前:外に出る時も、そんなに切り替えができなかった
  • 今:美容に力を入れるようになって、外に出る時の意識が変わった

昔に比べると、だいぶ意識が変わりました。

本当に昔の自分と同じ自分なのか疑ってしまうほどです。それぐらい自分自身では変わったなと感じています。

最終的にはいろんな美容品を試し、美容品マニアになりたいと思っています。

美容品をどんどん試して、美容博士になっちゃおうかななんて考えているのが今日の私です。

北の快適工房 口コミ

 

仕事はやりたくない嫌なことからは取り掛かりなさい

誰でも朝一番 仕事はすっきりした気分で始めたいものです。
しかし、そこをあえて
やりたくないこと
嫌なこと
から始める習慣を身に付けて欲しいものです。
しかし、その日の最初にやる仕事がハードで苦手な物だとなかなか取り掛かる気分に離れません。
ついついぐずぐずと後回しにしてしまいます。
そのうちに上司の指示やお客様からの催促の電話で嫌々でもやらなければなりあmせん。
しかも、その知己には前よりも威さらに所いう今日が悪くなっているはずです。
その解決にはぐずぐずしていたせいで何倍もの余分な時間と労力がかかります。

確かに朝一番から嫌な仕事、ハード否仕事では気分も憂鬱になります。
そこでぜひ子供の頃の夏休みの宿題やドリルを思い出してみてください。
夏休みの宿題 最初のほうはきっと簡単な計算問題や漢字の読み書きが並んでいたはずです。
最初に基礎問題
後に効用問題が続いているのはやる気をそがないためです。
そこで、朝一にやる仕事は出k時るだけ取り掛かるのにエネルギーを射が要らない簡単なことから始めてもいいかもしれません。
しかし、必ず二番目にはやりたくないこと、対う変なことに取り掛かっていくようにしてください。

大事なのは
午前中にこそ実りのある仕事をやる
という遺志器です。

午後はどうしても取引先からの連絡や上司・同僚からの相談打ち合わせに時間をとられてしまいます。
そんな状況で嫌なことやハードな仕事には取り掛かれないのです。

まずは目の前にある大嫌なことやハード否仕事から取り掛かるようにしましょう。
そいて、行き詰まったら休憩がてら簡単な仕事をやるような意識を持ってください。
仕事も勉強も後回しにしていてよいことなどひとつもありません。
あえて嫌なこと、やりたくないこと、ハードなこと
そんなことから手を付けると後がすごく楽になるのです。
しかも後回しにすればするほど、余計に大変になることを知っておきましょう。
嫌なことから済ませれば仕事が余計にはかどるのです。
実務者研修 どこがいい 働きながら

眉毛は顔!

一昔前は薄眉毛が流行っていた時期もあり、今になって自眉毛が薄くて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
やんちゃしてた人なら、今ではもう自眉毛がほとんどなくてすっぴんではとても外を歩けないという人も少なくないはず。

眉毛が人に与える印象はとてつもなく大きいものです。
あんなに小さいパーツなのに、眉毛の形や濃さで人の顔はガラっと変わります。
なにも手入れしていないボーボー眉毛だと、おおざっぱでガサツな性格だと思われがちですし、薄すぎれば昔やんちゃしてたのかなぁとか思われるかもしれません。
となると、女性はもちろん、社会に出て人と会う機会の多い男性こそ眉毛はきちんと手入れをしたほうが良いですね。
実際、最近では年齢問わず男性でも眉毛の手入れをしている人が多くなってきました。
若い世代では、もう常識といっても過言ではないでしょう。
男性でも眉毛を描くし、眉に入れ墨をする人もいます。

と、眉毛の太さや形は時代によって流行り廃りが激しいので、一度抜いて薄くなった眉毛だと苦労することも多いですよね。
本来なら男性は男性ホルモンによって毛が濃く生えるのですが、眉毛はそうはいきません。
男性でも女性でも、薄くなってしまった眉毛を取り戻すのは一苦労です。
まぁ、濃くてボーボーな眉毛はなんともなりませんが、薄いぶんには描いたり先述のように入れ墨をしたり対処法があるのでマシかも知れませんが。
薄くなった眉毛は、描いたり入れ墨を入れる以外にも、眉毛専用の育毛剤のようなものもあります。
眉を毎朝描くのも大変だし、入れ墨を入れるのもなんだか怖いし、という人には最適な方法かもしれません。

ただし、育毛剤の類すべてに入れることですが、効果を実感できるまで相当な時間がかかります。
とはいえ、毎朝眉を書く時間と手間から解放される可能性があるなら賭けてみたいものです。
今、まだ眉毛の手入れを一切していなくてボーボーな人は、むやみやたらに抜くのではなく、まずは美容院などで手入れをしてもらうのが良いかもしれませんね。
マユイズム 販売店

マッチングアプリの失敗と上手くいったカップルの違い

20代半ばから30代前半までマッチングアプリにハマっていた私のお話です。

結論、良い出会いはなかった!です。

私は、20代前半に長く付き合った彼氏と別れ、周りの結婚ラッシュに焦り、婚活サイト、マッチングアプリ、相席屋、手当たり次第に活動をしていました。

唯一実りあったものはマッチングアプリです。
登録後、すぐに沢山のイイネをもらいました。
プロフィールを見て私もいいなと思ったらイイネを仕返して晴れてマッチングという仕組みになっています。
男性を鬼のようにスワイプしながらチェックしている姿は、自分でも呆れました。(笑)

大体は、爽やかな写真を載せているメンズが多かったように思います。
スポーツ中の写真や、お酒を持って微笑んでいる写真、沢山の友人に囲まれている写真など、男性のアピールポイントは分かりやすかったです。

晴れてマッチングの後、お会いしたのは3人ほど。

1人目は年下の松田翔太君似と言っている甘えん坊系男子。
電車で30分ほどの駅で待ち合わせし、居酒屋で飲みました。
その時は楽しく飲みましたが、その後お互いにお礼のメールを送り終了。

2人目は年上の写真だけイケメン。
私の最寄駅のファミレスまで来てくれ、簡単に食事をして終了。
きっと向こうも思っていたと思うのですが、写真全然違うやん。という印象でした。

最後は同い年の沖縄顔男性。
最後の方が1番思い出深いです。
何度かメッセージのやりとりを行い、印象としては飾らなくて良い楽な人だなぁという印象でした。
初めてお会いした時には都会の良い雰囲気のオシャレ居酒屋。私としては、良い印象でした。
二度目はお互い中間距離の居酒屋。
やはり一緒にいて楽で、まさに私の求めていた関係だったと思います。
三度目。
通常の男女ならこのあたりで決めていかなければというイメージだったため、初めてお酒なしで頑張ろうと思い、昼からのデートを設定しました。
無難ですがディズニーランド。
明るい時間に会うのは初めてだったので緊張しながら待ち合わせ場所で待っていたら寝坊して遅れそうとの連絡がありました。
40分ほど待ってようやく来た彼。明るいところで初めて見る彼。

髭が濃い!
目やに!

私は急にげんなりしてしまい、
適当に遊んだ後、私から連絡することはありませんでした。

最低なのですが、何度も無視したところ、
好きだから付き合いたいと告白を受けました。
丁寧にお断りしました。

そんな私は現在合コンで知り合った彼と結婚しました。

マッチングアプリから結婚までいった友人も複数いますが、
焦っていた私には向いていませんでした。
どんなサービスを使うにしても焦らずに行いましょう。

オタクの友人によると、同じ趣味同士で仲良くなったようです。
オタクの出会いや恋愛はコチラ>>オタクの恋サポ