今の彼氏、困った時に本当に助けてくれますか?

今の時代、女性がひとりで生きていこうとすると本当に大変な時代です。
もっとも下世話に話すと、風俗にでもいけば十分それで稼げるかもしれないがそれだけはなんとか避けたいものでwすよね。
まして、たとえ風俗ででも働けば何とかなるいさ!
という方には肝に銘じておきたいのは、今は風俗業界d萌大変な時代なのです。
キャバクラ嬢はもちろんのこと、もう少し過激ないわゆる性風俗でも面接で落される時代ののです。
それは
容姿で落されることもありあm寿司
年齢的なことで落される
こともあります。

丁度その分岐点が30歳ではないでしょうか。
まだ若いともいえますし
もうおばさん?的な微妙な年齢です。
そこで考えるのは
「これからどうやって食べていけばいいのか?」
という切実な問題です。

もしいまのあなたに結婚を考えるほどの相手がいなくても、
「いざとなったら助けてくれる男性」の一人や二人は探しておいた方がいいかもしれません。

助けてくれう男
それはすなわち
財力がある男性
仕事ができる男性
です。
毛婚はしてくれなくても
友だち以上恋人未満の関係か
あるいは
愛人のようになっておけばその男性はあなたがピンチな時には少なからず助けてくれるでしょう。

「君と履けr痕はできない」
そういう事情のある男性は少なくありません。
それは
浮気なのか?
不倫なのか?
結婚したくないからなのか?
あなたの身体が目的なのか?
それはわかりません。
でも、あなたがピンチな時には助けてくれうことはできる。
そんな男性は意外と多いものです。

なにも愛人になることを勧めているわけではありません。
言い換えれば素直になることです。
世の中にはすごい男性はいます。
その何倍もの数のどうしようもない男性もいます。
生きていくために媚びる必要はありません。
ただ、すごいお男性のことを素直に「すごい」と認めることも大事です。
この不景気の中でも年間数千万円もの収入を得ている男性もいるのは紛れもない事実です。
そんな男性ほどガツガツなんてひsていません。
逆に友達以上恋人未満の微妙な関係を認めてくれるものです。

ポケットワーク 評判

処分したくても簡単にできないのがお墓である

仮にあなたに先祖代々のお墓があることは必ずしもラッキーなことではない場合もあります。
今後、お墓を守っていく後継者がいない場合に先祖代々のお墓はお荷物以外に何者でもないのです。
一人子の長男
娘だけ
そんな家庭はたくさんあるのです。
ですから、お墓を処分する
いわゆる墓じまいのことも考えなくてはいけません。

子供が娘ばかりの場合はご主人や実家の理解があって
「あなたのお父さんお母さんのお墓はきちんと守っていこう」
と言ってはくれても娘が数十年後に亡くなったらどうしますか?

いずれにしてもお墓をたたむということはいつかその決断をしなければならない時がやってくるのです。
ならば、その問題は自分の代できちんとケリをつけておく覚悟を持ってみませんか?

お墓を処分し、中の先祖の遺骨を永代供養墓に移しておきましょう。
今はさまざまな永代供養のやり方があります。
あなたの住まいのほど近くに永代供養の納骨堂もあると思います。
少なくともそれならあなたなが元気なうちは今まで通りお墓参りたご供養もできます。

あるいはお墓の引っ越しの場合もあります。
ただ、これも勝手にはできません。
お墓の引っ越しは「改葬」と呼ばれ、まずは管轄の市町村から改葬許可を取り、さらにお墓の管理者から埋葬証明書をもらわないと家kません。
その費用や手間も小さくはありません。

この「墓じまい」に関してはたくさんのトラブルも続出していあmす。
お墓の管理者が遺骨の移動を反対するケースです。
これは離檀料の問題としてよくニュースにも取り上げられています。
お寺にしても遺骨が無くなって檀家がどんどん減少していってはお寺自体の存続の危機に瀕してしまいます。
そこでお墓を移動させないために法外な離檀料を要求するというトラブルです。
裁判になった事例もあるのですが、裁判所としても宗教的な意味合いが絡むためにその判断は慎重になり「裁判所では判断しかねる」というスタンスなのも現実です。

お墓のことはとても重要な問題ですが、その問題解決もまた大変なんです。
いいお墓 口コミ 評判

真面目な夫婦ほど熟年離婚になる?

夫は典型的な会社人間で努力家で真面目
会社の仕事も夜遅くまで頑張り定年までは仕事一途な夫でした。
そのおかげでそこそこのポジションまで昇進しての定年退職です。
それを妻は文句も言わずに支えてきました。
まわりから見れば夫婦二人とも社会的に何ら非難されることなどありません。
でも、そんな夫婦ほど熟年離婚所機器もあるのです。

仕事熱心の夫は、いつも朝が早かったり帰宅も夜遅くなることもよくありました。
朝が早い時にはいつも妻には寝ているように言っていました。
夜遅く帰る時には妻を起こさないようにそっとベッドに入る優しさでした。
が、しかし・・・・

それが妻には幸せではなかったのです。
夫の思いやりは痛いほどわかりながらも、その結婚生活にはずっと満足感が得られなかったのです。
お互いがお互いを思いやる優しさがなぜか息苦しかったというのです。
真面目な夫は浮気をするなんてありえないほど真面目でしたし
妻も常に家を守り、外出もあまりしないくらいでした。
夫も妻もいわゆる非の打ちどころのない理想的な夫であり理想的な妻のようにまわりからは見えていました。

ただ・・・
問題は「自分の気持ちを表現できない、伝えられない」夫婦であったことが問題だったのです。
自分の感情を相手にぶつけられない・・・
これっていつか爆発してしまう危険性があるのです。
ある意味、夫婦喧嘩のない仮面夫婦であったともいえます。

そんな夫婦であればセックスのことなんか話し合ったこともないでしょう。
夫が週刊誌でグラビアアイドルの古ヌード写真を見ていて妻が通りかかったら
夫:「おい、見てみろよ!この娘、いいオッパイしてるだろ!」
妻:「またそんなくだらないものばっかりみて!」
そんな会話があるようなら熟年離婚などありあm線。

音が妻を
妻が夫を
思いやる優しさだけでは真の夫婦は成立しません。

相手を気に入られようとするのではなく、相手に自分の気持ちをストレートにぶつけられる
健全な夫婦喧嘩ができるのが夫婦として健全なのです。
離婚準備 ブログ