毎日簡単に出来る腰痛改善トレーニング!

「もし腰に違和感を感じたら?腰に痛みを感じたら?」そんな時、腰の痛みを緩和させる効果的な方法があります。 腰痛回復には、『筋肉をほぐして柔軟性をアップ』『筋肉を鍛えて腰わまりの強化』が最も効果が期待できます。それぞれ、同時進行で行えば、慢性化した腰痛にも効果アリです。 どちらの方法も至って簡単!誰にでもできますのでオススメです。簡単な運動を20〜60秒ずつでもいいので、毎日継続することで効果絶大です。そこで、個人的に現在行っている方法を紹介していきます。 【太ももをストレッチ】 太ももの裏側に”ハムストリングス”という筋肉があります。この筋肉が硬い人ほど、屈んだり、何か持ち上げようとした時、背骨をより曲げなければかがむことができません。結果、無理な体制で力むことによって、背骨に大きな負担がかかってしまうことに!それが原因で腰痛を引き起こしてしまいます。そのため、太ももの周りの筋肉を柔らかくすることは腰痛の予防に期待ができるんです。その際に、身体を動かしてやすいように、トーレーニングウェアや、今流行りのヨガスタイルのウェアがオススメです。 【腹筋を鍛えてる腰の負担を軽減】 身体の基幹部分である腰!腰は身体を動かす時の起点になります。普段営まれる生活の中で、常時負担にさらされています。少しでも、腰への負担を軽減させるには、腰回りの筋肉を強化して腰への負担を減らすことが腰痛予防への近道になります。そこでオススメなのが腹筋運動です。1日に5〜10回で構いません。もし、腹筋運動が辛くてできない人は、床に仰向けに寝そべって、足の力で腰の上下運動してください。これなら、誰にでも簡単にできますので試してみてください! ですが、直接床に身体を接触させながらの運動には体が痛くなってしまうので、床に敷くマットなどを用いて運動することがベターです。 腰痛回復の鉄則は腰回り周辺の筋肉の柔軟性と強化です。その際、身体にフィットしたマットやウェアを用意して無理のない範囲で継続することが腰痛撲滅の近道になります。

[2021年3月]雲のやすらぎを格安で購入できる!?

最強の朝活革命

朝早く起きることは今後の人生に革命を起こします。
というのも朝活を行うことが健康だけでなく精神的、金銭面、恋愛、仕事多面的に影響をあたえるからです。
この理由は朝早く起きて活動することが生活のリズムを整え、一日の生産性を最大限にするからです。
例として大半の成功者は圧倒的に朝方人間であり、朝にやるべきことをこなしてしまうことで一日余裕をもって過ごすことができます。
つまりは朝は最も脳がさえているので、このゴールデンタイムに大変で困難な仕事を1-2時間でこなしてしまえば、夜の疲れ切った時に5-6時間もダラダラとやらなくて済むから有意義に時間を過ごすことが出来るといったメカニズムです。
まずは朝早起きする習慣作りからですが、朝早く起きたからといっていきなりやるべきことにすぐ取り掛かることは難しいでしょう。
というのも多くの人が朝一スマホを見てしまうからです。朝一頭がさえている時間にスマホでSNSの投稿や動画を見てしまって潰してしまうのは非常に無駄です。
また寝る前にスマホを見てしまうのも目がさえて睡眠の妨げになるので、非常に良くないです。
寝る前も朝もスマホをみないようにベッドから遠い手の届かない遠いところに置いてしまいましょう。
今回は朝活が人生を変わるといったメカニズムについてお話させて頂きました。
補足ですが、元々朝方の人は人間の90%だそうです。まれに夜方の場合がありますが、ほとんどの人が朝に活動するのがいい方に当てはまると思いますので、是非週間化と実践してみてください。

最後に、朝しっかり活動するために睡眠や休息の時間をしっかり確保するということも大事です。つまり朝活を意識するということは早く寝て生活のリズムを整えるということにもつながるのです。補足ですが、睡眠の時間をしっかり確保しても眠りが浅ければ朝スッキリ目覚めることができないので、勿体ないです。睡眠のクオリティを高めるために以下の記事もご参考いただけたらと思います。

関連記事はこちら