糖尿病の治療薬としてアカルボースが使用されることがあります。アカルボースをご存知ですか?まだ知らなかったという人で糖尿病の疑いがある人はアカルボースについて知識を深めておきましょう。アカルボースに頼る生活が来るかもしれないのだから。\n

アカルボースによる治療で注意すべき食道炎

糖尿病が重い症状の人ほど、血液中の糖分が高い状態のままになってしまうと体に色んな異変が起きて、目や腎臓などに影響が出たり、血流低下で足の指などが腐り切断しなければならない状態にまで悪化することがあるので、早めに投薬による対処が必要です。
炭水化物は消化が進むと二糖類から単糖類へと分解され、腸から吸収されるようになります。
アカルボースという薬を飲むことで、単糖類に分解される前の二糖類までに抑えることが可能で腸から吸収されにくい状態にすることができます。
糖分が急激に吸収されないようになるため、糖尿病患者の血糖値コントロールを補助し、悪化を防ぐことができます。

アカルボースは炭水化物の分解に作用する性質上、食事を行う10分前ぐらいに服用するのが効果的で食後に飲んでも意味がなく、一般的な薬の飲み方と違うので服用を忘れないように注意する必要があります。
高齢者がアカルボースを服用する際は注意が必要で薬の包装を誤飲してしまうケースが過去に多く発生しており、プラスチックにアルミを貼りつけた薬の包装を飲みこんでしまうと、食道を傷つけることがあります。
食道に刺さって穿孔し炎症を起こしたり、悪化して重篤な合併症を引き起こし食道の手術を受けた人もいます。
誤飲防止用の包装に変更されても、ハサミなどで切って小分けにしてしまう人もいるため注意が必要です。
他の糖尿病の薬と併用してしまうと極端な低血糖になり、意識障害や体のしびれなどの症状が出て、立って歩けないぐらい体が動かなくなることがあります。
服用の中止と低血糖を解消する対応をしないと命にかかわるので、すぐに病院へ行くべきです。
稀に腸閉塞や肝機能障害を起こすこともあります。