糖尿病の治療薬としてアカルボースが使用されることがあります。アカルボースをご存知ですか?まだ知らなかったという人で糖尿病の疑いがある人はアカルボースについて知識を深めておきましょう。アカルボースに頼る生活が来るかもしれないのだから。\n

糖尿病にはフルグラも注意が必要

美味しそうなケーキ

アカルボースは血糖値を下げる経口薬の成分として知られています。
高い血糖値が続くと血管に障害が発生し、四肢が痺れたり視力が失われたりすることがあります。
これが糖尿病で代表的な生活習慣病のひとつです。
血糖値が上がる主な原因は、膵臓から分泌されるインスリンが不足することです。
したがって糖尿病になってしまったら、治療法はインスリンを注射するしかありません。
インスリンは口から飲んでも効果がないとされていましたが、最近では特殊なカプセルに入れることで、経口薬として効き目があるインスリンも開発中です。

アカルボースはインスリンの代わりにはなりませんが、食事をしても血糖値が上がりにくくなる作用があります。
具体的には炭水化物を分解する酵素の働きを阻害し、糖を小腸から吸収しにくくします。
炭水化物は糖の分子が複数つながった多糖類ですが、消化酵素の働きで単糖類に分解されます。
小腸から吸収されるのは単糖類だけなので、アカルボースを食事の際に経口薬として服用すれば、食べた炭水化物は吸収されません。
その結果、血糖値が上がらなくなります。

ダイエットに効果があるとして人気の商品にフルグラがあります。
乾燥したフルーツと穀物やナッツの加工品であるグラノーラをミックスしたシリアルです。
フルグラは低カロリーと思われがちですが、かなりの砂糖が含まれているので糖尿病予備群の方は要注意です。
またフルーツやハチミツに含まれるフルクトースは単糖類であり、これ以上分解できないためアカルボースを服用しても吸収を止めることはできません。
血糖値を下げる目的だけでフルグラを食べるのは、あまり意味がないと考えられるので注意してください。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ