有酸素運動と筋トレの先にやる順番どっち?

自宅フィットネスでもジムでもフィットネスに関して、筋トレ前の有酸素運動が効果ありだとか、いや有酸素運動の筋トレが効果的だとかいろいろな意見があり初心者はよくわからなくてなってしまうとおもいます。

これは、どちらも正解というかガチマッスルを目指すのかダイエット目的でのフィットネスなのかでどちらが先かとなっています。
有酸素運動はそもそも脂肪の燃焼と同時に筋肉も落ちてしまうのでガチマッスルを目指している人はそもそもやらないトレーニングです。

そんなことはトレーニングをしている人ならばほとんどのひとがわかっています。
ただし体脂肪率が30%程度あるような男性は既に筋肉量も一定数はあるので、もはや筋トレは特段必要ありません。

そのような男性については、とりあえず体脂肪が20%を切るまではひたすら有酸素運動をし続ければ体重がみるみる痩せていきます。
体重がみるみる痩せていくと体格と顔の輪郭が変わってきます。

20%を切るその頃には、おそらく周囲の人から痩せたね痩せたねと言われだします。
そのタイミングで有酸素運動に加えて筋トレを始めていけば痩せたねから締まったねといわれるようになります。

じゃあ筋トレはなにから始めればいいの?ってなりそうですが腹筋も背筋も必要ですがまずはスクワット系の足のトレーニングから始めてください。
足の筋肉量を増やす(有酸素運動で減らさない)ことで身体の土台が完成します。

ある程度ランニングで筋力もついているタイミングでしょうからここはスムーズ取り組めるとおもいます。
ある程度負荷になれてきたらここからが、本番で上半身のトレーニングとなります。目安は4ヶ月くらいだと思っていてください。

上半身トレーニングで一番効果を感じやすいのは懸垂トレーニングです。
ぶら下がりタイプの懸垂を始めるとおそらく最初は10回もできないでしょう。

懸垂ではたとえ身体が持ち上がらなくても肩、背中、胸、腹部も上半身をすべて鍛えられています。少しづつ回数も増えてくるでしょうからやっていて楽しくできます。
まずは有酸素運動で脂肪を減らす。そして足腰を強くする。最後に上半身を鍛える。これがオススメのトレーニング順番です。
ボディピクセル 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です